新型コロナウイルスの拡大により、テレワークが急速に広まり、仕事のやり方やビジネスモデルに大きな変化が求められています。 

今回は、経済が回復の兆しを見せ始めた中国より、QuminのArnold Maさんに、Aquent UKがインタビューを行いました。

【こんなことを聞きました】

- 中国の人々やマーケットが、どのように変化に対応してきたか?

- コロナ禍によって生まれた、新しいサービスやビジネス

- 私たちがコロナ後のために今できること

 

インタビューは英語のみのため、以下に要点をまとめています。よろしければ、ご参考にどうぞ。

新型コロナ後、ビジネスはどう変化する?

Q. コロナ禍で、企業のマーケティング活動はどう変わった?

A. 

パンデミック前

ブランド認知向上、またコミュニティ作りのためのマーケティング活動に力を入れる企業が多かった。

パンデミック後

企業は以前よりもリスク回避型に。メディアROIの大きい方法を好み、よりセールスキャンペーンやインフルエンサー・マーケティングが活発になっている。

Q. コロナ禍によって生まれた新しいビジネス、注目されている業界

A. 

Health&Fitness

・新型コロナの影響で、ヘルスケアサービスの技術が大きく力を発揮している。

(例)コロナの拡大を防ぐためのヘルスコードのアプリの導入。(緑色=コロナ陰性 / 黄色=未テスト / 赤色=コロナ陽性)

健康への関心が高まり、オンラインのフィットネスなどが注目されている。

 (例)国内の大手スポーツブランドXtepは、4,000ある店舗全てをオンライン対応に。その結果、コンバージョン率が16%上昇、1日の売り上げが8百万人民元(約1.2億円)を達成。

Tourism

・旅行・観光業は、ミュージアムや世界遺産をオンラインで開放

(例)旅行サイトCtripは、創業者がDouyin(Tiktokの中国版)でライブ配信を行い、最初の1時間で1千万人民元(約1.5億円)を売り上げた。

・オンライン花見は、初日だけで4億人も参加する盛り上がり。 

Food

 ・安くて便利な外食やテイクアウトの食事が多かったが、自炊の楽しさが注目されるように。

 

Q. コロナ後に向けて、私たち(企業)ができること

 

A. 自粛が続き何もできなかった反動で、みんな外に出て消費したいという気持ちが強くなっています。
自粛中の今は、顧客との信頼関係を深めること、またブランディングへ注力し、パンデミック後すぐにセールスキャンペーンへ展開できるよう準備しましょう



===

新しい”普通”(ニューノーマル)が始まると言われている今、これからの私たちのマーケティング活動の参考になれば幸いです。

 

【原作】

エイクエントでは、クリエイティブ・マーケティング分野の転職のプロにオンラインでご相談いただけます。転職をお考えの方は、ぜひお気軽にご連絡ください。


-->>お問い合わせはこちら<<--

-->>他のブログ記事はこちら<<--