書類審査が無事通過したら、次は面接!転職活動を始めたばかりの方にとっては、「面接で何を聞かれるの?」「何を質問したら良いの?」など、面接に対する不安が多いかと思います。

面接は準備が重要です。企業のことをよく知っている転職エージェントとしっかり対策すれば、自信を持って落ち着いて振る舞えます。これからお話をする6つは、面接で気をつけること・準備することの基本なので、ぜひ対策をした上で、面接に行く直前にもう一度確認をしてみてください。

 

1. 第一印象が大切!

面接担当者は、第一印象で「あなたがどんな人なのか?」を判断し、その印象は、その後変えることはなかなかできません。いくらアピールポイントを準備していても、第一印象が悪かったら、勿体無いですよね。

時間を守ること、清潔感のある服、入ったときの姿勢、明るい表情、挨拶をはっきりすることを忘れずに!

 

2. あなたらしさを出しましょう

面接は、面接を受ける企業のカルチャーが、あなたにマッチしているかを見る場でもあります。あなたらしさが伝われば、ここで働くのに合っているか、ここであなたが働いたらどんな風に活躍できるか、相手にもイメージしてもらえます。

スキルや経験をアピールするだけでなく、会社の雰囲気を感じたり、働き方について質問して、企業カルチャーが自分と合っているか確認しましょう。

もし「自分らしさ」や「自分に合った環境」について分からなければ、まずは自分の長所と短所を書き出してみましょう。それから、友達や家族など、あなたのことをよく知っている人にも、あなたの長所と短所について、聞いてみましょう。

この長所と短所に、あなたのストーリーをつけて話せると、あなたらしさがより相手に伝わりやすくなるでしょう。

 

3. 会社について事前に調べましょう

会社のことをちゃんと調べている=この会社で働きたい!というアピールに繋がります。逆に、事業内容など、会社のホームページに書いてあることをわかっていないと、本当にこの会社に入りたいの?と思われてしまいます。

誰でも、自分に興味を持ってくれている人に好意を抱きますよね。きちんと相手企業について調べてから面接に行きましょう。

 

4. 履歴書や職務経歴書の内容について、答えられるように準備しましょう

自分の経歴や成果、またこの会社で貢献できるスキルややりたい仕事について、しっかり話せるように準備しましょう。

この対策は、ぜひ相手企業のことをよく知る転職エージェントと一緒に練習することをお勧めします。相手がどんな人材を求めているか、またどんなスキルや経験が必要か分かっていると、自分のどこをアピールするべきかがわかります。

求人先の人事や担当部署の方々と日頃やり取りをしているプロのエージェントと話せば、求人票に載っていない情報も聞けるかもしれません。

 

5. "質問はありますか?"に対する答えを準備しよう

質問が何もないと、この会社に興味がないのかな、という印象を与えてしまいます。また、3. でお話しした通り、事前に相手企業について調べずに質問をしてしまうのも、バレてしまいます。例えば、事業内容は?など、調べればすぐわかることをここで質問するのはやめましょう。

 

6. ポジティブな態度で挑み、前職に関するネガティブな発言はNG

前職に対する悪い話や、後ろ向きな退職理由は、マイナスになるのでやめたほうがよいでしょう。ネガティブな発言、またそういった態度や話し方をしないよう、気をつけましょう。誰しも、明るくポジティブな人と一緒に働きたいと思いますよね。相手に、一緒に働きたい、と感じてもらえるよう、普段から前向きな姿勢でいることを意識しましょう。

 

明るく前向きな姿勢・発言を意識し事前に準備ができていれば、心に余裕が出てリラックスしてあなたの良さが出せるでしょう。そうすれば、企業カルチャーを感じて、理想の働き方ができるか、あなた自身も落ち着いて相手企業を見ることができます。



-----

【原文】

エイクエントでは、クリエイティブ・マーケティング分野の転職のプロが、1対1で面接対策もしています。転職をお考えの方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

-->>Web面接を成功させるための対策はこちら--<<

-->>お問い合わせはこちら<<--

-->>他のブログ記事はこちら<<--