同一フォーマットの定形レポートを、毎週、手作業で作っているWeb担当者は未だいるようです。
そんな方を単純作業から解き放ち、彼らが創造的な仕事に時間を使えるように、講座を開発しました。

Googleが無料で提供するBIツールGoogleデータポータル(GDP)の使い方を、2時間で速習する講座です。

GDPをマスターすると、Googleアナリティクス定形レポートの制作はほぼ自動化することができます。
単純作業の反復が不要になるのです。

機械学習とロボット技術が発達し人間にしか出来ないことは何かが問われる時代です。
退屈な反復作業と決別して、創造的な仕事に取り組む時間を生み出しましょう。

ご参加お待ちしています。

開催日

  • 2019年11月16日(土)エイクエント東京オフィス

参加申込

11月16日Web担当者のためのGoogleデータポータル2時間速習|東京版

内容

  • 以下を説明
    • Googleデータポータルとは
    • 前提知識(ディメンション指標)再確認
    • 作業の流れ
    • データソースの結合
  • 以下のデータソースのビジュアライズを実演
  • ハンズオンではありません。講師のスクリーン録画を後日共有 します
  • やらないこと
    • Web解析そのもの
      本講座の目的は、GDPの使い方をお伝えすることです。ですので、Web解析の視点では意味のないグラフも作ります
    • 関数を使った新規フィールドの作成
    • 美しくビジュアライズするためのアレコレ

ゴール

  • 整ったデータソースがあれば、GDPの組み込みコンポーネントを使って、ビジュアライズできる
  • 2つのデータソースを結合できる

想定する参加者像

  • Googleアナリティクス(GA)における、ディメンション指標の区別がつく方
  • GA経験者であれば、肩書(Webマスター/マーケター/ディレクター/デザイナー)は問いません

こういう方は退屈するでしょう

講師

宮崎洋史(みやざきひろし) エイクエントマーケティングマネージャ
1995年よりソニーでセールス&マーケティングを、2007年からエイクエントのマーケティングを担当。2012年、一旦エイクエントを離れ、2017年秋復帰。その間、Google Sales Masterclass、Business Coachingのトレーナー兼コーチ、デジタルマーケティング代理店のマーケ&セールスなどを経験。

FAQ

  • 申し込むボタンを押したら「GA理解度チェック」なるものが出てきました。なんですかコレ?
    当講座を理解するには、最低限のGAの知識が必要です。「最低限ってどのくらい?」というのを判定するために考えたのがこの設問。「ディメンション」を一つチェックしてください
  • GA理解度チェックを間違えると、参加不可ですか?
    参加可能です。当日、ディメンションと指標を再確認する時間を設けますので。ただ、ディメンションと指標の概念に馴染んでいることに越したことはありません。予習としてこの記事をお読みください。

持ち物

  • 名刺
  • ハンズオントレーニングではないので、PCは不要です