デザイナーは、プロトタイプやワイヤーフレーム、ユーザビリティテストといった技術より、もっと「違いを生む」ような戦略に関わる仕事を求めています。

組織でデザイナーの願いを実現する機会について、1)Business, 2)Platforms, 3)Practice, 4)Project, 5)Product/Feature の5つのエリアにわけて説明していきます。

エイクエント noteで全編を読む👇

クリエイティブ・マーケティング職種の転職・採用相談はこちら

他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼