デザイナー職に転職する上では、それに関わる資格を取得しておくことで転職活動を優位に進めるこができます。

デザイナーに関連する資格の数は多いので、それぞれどういった特徴の資格なのか、そもそもデザイナーに資格は必要なのかを解説します。

クリエイティブ・マーケティング分野の転職相談はこちら

デザイナーとは

デザイナーとは、イラストや雑誌、ポスターやWebサイトなどさまざまなクリエイティブなモノのデザインを制作する仕事です。世の中に存在するほぼ全ての製品はデザイナーの手によって制作されていることが多く、デザインを制作する対象によってデザイナーも細分化されています。

代表的なデザイナー職種は以下の通りです。

Webデザイナー
UI/UXデザイナー
グラフィックデザイナー
プロダクトデザイナー
インテリアデザイナー

自分の手によって制作したデザインが、世の中に目に見える形で残すことができるため志望する人が多く、人気の高い職種の一つといえます。

デザイナーに資格は必要?

デザイナーになるためには、弁護士や医師のように国家資格があるわけではないため、デザイン業界で働くためには、必ずしも資格が必要というわけではありません。

しかし、デザインに関する資格を有していることで一定以上の知識やスキルがあるという裏付けになるため、転職する上で有利になることは間違いありません。

デザイナー職の中には未経験の方でも採用されるケースはありますが、そういった場合は実務経験がないため、資格を取得することで経験のなさをカバーすることができます。デザイナーへの転職を志望する方は、関連する資格を可能であれば取得することをおすすめします。

デザインに関する12個の資格や検定

デザインに関する資格の数は多く、その種類もさまざまなものがあります。

今回は代表的な12個の資格や検定についてご紹介します。転職活動をする上で、どのような資格を取得したらいいかわからない、という場合に参考にしてみてください。

アドビ認定アソシエイト(ACA)

アドビ認定アソシエイト(ACA)」は、デザイナーとして働く上で必要不可欠なツールである、IllustratorやPhotoshopなどの「アドビ製品」に対する一定の知識や理解があるかを認定する資格です。

デザイナーの種類はさまざまですが、アドビ製品を使用しないケースはほとんどないためアドビ認定アソシエイトはほぼ必須ともいえるでしょう。

Illustrator®クリエイター能力認定試験

Illustrator®クリエイター能力認定試験」は、Illustratorを実際に活用しデザインを制作する能力を測定・評価する資格検定試験です。

問題の指示に従って1つの作品を作り上げることになるため、実践的なスキルや知識が試されます。

Illustrator®クリエイター能力認定試験にはスタンダードとエキスパートの2種類が存在し、エキスパートに合格した人は、高いIllustratorのスキルがあることを証明できます。

Photoshop®クリエイター能力認定試験

Photoshop®クリエイター能力認定試験」は、Photoshopを利用したグラフィックコンテンツの制作能力を測定するための資格検定試験です。

Illustrator®クリエイター能力認定試験と同様に、問題の指示に従って作品を作り上げる必要があるため、こちらも実践的なスキルが要求されます。

また、Illustrator®クリエイター能力認定試験と合わせて取得する人が一般的です。こちらもスタンダードとエキスパートの2種類に分かれています。

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定」は、Webデザイナーとして働く上では必要不可欠ともいえる「Web制作」に関する知識の習得を評価する検定です。Webサイトのコンセプト決めから制作、コーディングから運用まで全般的な知識が求められます。

WebデザイナーやWebプロデューサー、Webディレクターなどウェブデザイン業界を志望する方は必ず取得しておきたい資格の1つです。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験」は、HTMLやCSSに関する基本的な知識問題から、実際のWebサイトの作成に至るまでの応用的なWebデザイン能力までの技能を測定するための認定試験です。

Webデザインを知識として知っているだけではなく、実践的な知識を有していてそれを活用できるかどうかが試されるため、取得することで実践的なスキルを有していることを証明できます。

プロダクトデザイン検定

プロダクトデザイン検定」は、商品開発に必要なデザインの活用能力からマーケティングスキルなど、実際にプロダクトをデザインする上で欠かせない能力を測定するための検定です。プロダクトデザイナーを志す人にとっては必須ともいえるでしょう。

1級と2級に分かれていますが、転職活動を有利にするためには、より実践的な能力が必要となる1級の取得を目指す必要があります。

色彩検定

色彩検定」は、公益社団法人色彩検定協会が実施する「色」に関する知識や技術を問う試験であり、色を効果的に活用する必要があるデザイナーにとって、非常に重要な検定ともいえます。デザイナーであれば、職種を問わず取得しておいた方がいい資格の1つといえるでしょう。

1級から3級まで存在するため、転職活動でアピールするのであればより上位の検定を合格できるように目指しましょう。

カラーコーディネーター検定試験(R)

カラーコーディネーター検定試験(R)」は、デザイナーとして働く上で必要な実践的な色彩知識を学ぶことができる検定試験です。

それぞれの色の持つ性質や特徴は異なり、シーンによって効果的に使い分ける必要があるため、デザイナーはそれらを正しく使いこなすためにもカラーコーディネーター検定試験を取得しておくといいでしょう。

パーソナルカラリスト検定

パーソナルカラリスト検定」は、色単体ではなく「人と色」の組み合わせに着目した色彩知識や、配色調和を身につけることができる試験です。

近年、パーソナルカラーという概念が重視されるようになっており、ファッションデザイナーなどを志す人には必須の資格といわれています。インテリアコーディネーターを目指す人も取得しておくといいでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格」はHTML5やJavaScriptを主流とした、現在Web制作においてとても重要になってきているスキルを、実践的なレベルで有しているかを認定する資格です。

Webデザイナーに関する資格の種類は多いですが、ここ最近需要が高まってきている資格であるため、転職を有利に進めるためにも頑張って取得するようにしましょう。

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験」は、数あるプログラミング言語の中でも「PHP」に特化した技術を有しているかを認定する試験です。

Web制作においてPHPの果たす役割は大きく、その需要は高まっています。Webが関わってくるデザイナー職を目指す人であれば、ぜひ取得しておきたい資格といえます。

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定」は、CG(コンピュータグラフィック)に特化した検定であり、映像表現やCG理論の有無を判定するための検定です。デザイナーの中でも、映像関係の職種を志す人にとっては取得しておきたい検定の1つになっています。

ベーシックとエキスパートの2種類に分かれており、転職活動を有利に進めるためにはエキスパートの取得が推奨されています。

デザイナーに向いてる人の特徴

デザイナーを志す上で、向いている人の特徴にはどういったものがあるでしょうか。関連する資格を有しているかという点だけでなく、性格や能力的な部分でデザイナーに向いているかどうかを判断されることもあるため、しっかりと特徴を理解しておきましょう。

発想力が豊かな人

デザイナーは職種によらず、自分の中にある発想力をベースとしてデザインを制作することが多いです。そのため、いくら知識やノウハウがあったとしても発想力に乏しくては優れたデザインを創ることができません。

発想力に不安がある人は、身の回りのものに対して興味関心を持ち、常に発想力を高めるよう心がけましょう。

コミュニケーション能力が高い人

デザイナーは1人で黙々とデザインを制作するというイメージが強いですが、実際に働く上では多くの人と関わる必要があります。

時には社内の人間だけでなく、社外のクライアントと打ち合わせをする必要もあるため、コミュニケーション能力は必須といえるでしょう。

ものづくりが好きな人

デザイナーは基本的に、形がどうであれ何かのモノを作り出す職種です。そういった意味でも昔からものづくりが好きで、自分の手で何かを作り出すことが好きだ、という人は向いているといえるでしょう。

まとめ

デザイナーに関連する資格はさまざまな種類があります。

資格の中には有していることで転職活動を有利に進められるものもあるため、自分のスキルや知識をアピールするためにも、どういった資格なのかその内容を勉強した上で、関連した資格は積極的に取得するようにしましょう。

クリエイティブ・マーケティング職種の転職相談はこちら

他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼