世の中に存在する数多くの種類のものをデザインする「プロダクトデザイナー」ですが、他のデザイナー職とはどのような点で異なるのでしょうか。

プロダクトデザイナーの仕事内容や求められるスキル、年収について解説します。

プロダクトデザイナーの転職相談はこちら

プロダクトデザイナーとは

プロダクトデザイナーとは、身の回りに存在する家具や家電・文房具といった生活用品から自動車や飛行機など、世の中に存在するありとあらゆる種類の製品をデザインする職種です。

インテリアデザイナーやWebデザイナーなどのように、特定の対象のみをデザインする仕事ではなく、「プロダクト=製品」をデザインするという観点で、扱うモノの対象が幅広いという特徴を持ちます。

プロダクトデザイナーは、デザイン会社や広告代理店に勤務しクライアントのデザインを作成するケースと、メーカーのインハウスデザイナーとして製品デザイン部門に就職し、社内のデザインを作成するケースの2つに分かれることが一般的です。

プロダクトデザイナーの仕事内容

プロダクトデザイナーの仕事内容としては、ただ単にデザインを作成するだけではなく製品に関するマーケティングの実施から設計やプロダクトの立案、企画開発といったように業務の範囲は非常に広いといえます。

時にはクライアントの担当者との打ち合わせに同席し、先方の要望をヒアリングしてそれに基づいてコンセプトを作ることもあるため、社内だけではなく社外の人間とのやりとりも仕事内容に含まれます。

プロダクトデザイナーに求められるスキル

プロダクトデザイナーには、デザイナーに共通して求められるスキルに加え、プロダクトデザイナーならではのスキルも必要となるケースが多いです。

コミュニケーションスキル

プロダクトデザイナーは社外の人間と打ち合わせを行ったり、ディレクターやプロデューサーなどとチームを組んで仕事を行うことが多いため、高いコミュニケーションスキルが求められます。

クライアントの要望をしっかりとヒアリングし、それをデザインに落とし込み提案を作る必要があるので、しっかりとコミュニケーションが取れなくては要望に応えることができず、苦労してしまうでしょう。

また、デザイン部門だけではなく製品を完成させるまでの流れの中で、生産や流通部門の人とも接する機会が多く、社内コミュニケーションもとても大切です。

デザイン力

当然ながら、プロダクトデザイナーはデザイナー職の一つであるためデザイン力が求められます。扱う製品の種類が多く、クライアントの要望に沿った上で市場に受け入れられるデザインを作成する必要があるため、デザイナー職の中でも高いデザイン力とセンスが必要となります。

グラフィックツールへの理解

「CAD」や「Adobe Illustrator」、「Adobe Photoshop」といったデザインを作成する上で必須とも言えるグラフィックツールの機能理解は絶対に欠かせません。

ラフスケッチを作成する場合に手で紙にデザインを起こすこともありますが、大抵の場合はWeb上でデザインを作成することになるため、グラフィックツールは当たり前のように使用することになります。グラフィックツールを、自分の手足のように使えるぐらいの知識があるといいでしょう。

また、アドビ認定プロフェッショナルなどの資格を有しておくと、転職で有利になるケースが多いです。

マーケティングスキル

デザインを作成する上で、どのようなターゲットにどのようにアプローチするかといったマーケティングに関するスキルもプロダクトデザイナーには求められるケースが多いです。

デザイナー職の中で、マーケティングスキルまで求められるケースは少ないですが、その分やり甲斐のある職種ともいえます。

プロダクトデザイナーの年収

プロダクトデザイナーの年収は経験やスキルによって変わってきますが、クリエイティブ系の業界の中では比較的高い部類だといえます。

エイクエントのプロダクトデザイナー求人の平均年収はおおよそ500万円〜900万円。大手制作会社で年次の高いプロダクトデザイナーや、マネージャーになると年収が1,000万円を超えることも珍しくありません。

プロダクトデザイナーの求人を探す

プロダクトデザイナーのキャリアパス

プロダクトデザイナーは未経験であっても採用されるケースはありますが、高いデザイン力やコミュニケーションスキルが必要となるため、狭き門といえます。

未経験で採用されるためには、デザインの専門学校で経験を積んだ上でしっかりとしたポートフォリオを提示できるといいでしょう。

デザイン会社や広告代理店で実践経験を積んだ上で転職をするケースが多いです。プロダクトデザイナーとして経験を積んだ人は、個人でデザイン事務所を起業したりマネジメントの道へ進む人も珍しくありません。

まとめ

プロダクトデザイナーは、求められるスキルが高く関わらないといけない人の数も多いため、転職のハードルは比較的高めですがその分給料も高いケースが多く、デザイナー職の中でも人気が高い職種です。

未経験から転職できるケースは少ないため、デザイン会社などでしっかりと実践経験を積んだ上で、転職を目指しましょう。

プロダクトデザイナーの転職相談はこちら

他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼