広告代理店への転職に興味のあるクリエイター 、アートディレクター、クリエイティブディレクター、デザイナーやマーケターの皆さんへ、広告代理店の仕事内容、広告代理店で働く人たちの職種、またやりがいや魅力を紹介します。

クリエイティブ・マーケティング分野の転職相談はこちら

広告代理店とは

仕事内容

広告代理店とは、その名の通りクライアント企業の広告活動を代理で行うことで収益を得ている企業のことです。テレビ、ラジオ、雑誌やWebメディアなど様々な媒体へ広告出稿する、プロモーション企画と制作が仕事です。

広告代理店の仕事は、まず一般企業に営業をかけたり、依頼を受けたりすることで、クライアントを獲得します。案件を獲得したら、クライアントが抱える課題や要望、新商品・サービスについてヒアリングをし、チームでプロモーションのプランニング・提案、広告を作成・配信し、消費者の購買意欲を高めるためにサポートします。

このように、広告代理店はクライアント企業(広告主) と広告枠を持つメディア運営会社との間に立つ役割を果たします。

広告代理店の分類

広告代理店は主に、1)総合広告代理店、 2) 専門広告代理店、3) ハウスエージェンシーの3種類に分類されます。それぞれの特徴をご紹介します。

総合広告代理店

広告代理店の仕事

新卒学生の応募倍率の高い博報堂や電通は総合広告代理店に該当します。
総合広告代理店は、あらゆる広告媒体を取り扱い、企画から制作までをトータルでおこなう広告代理店のことです。様々な広告媒体を扱っているため、クライアントの希望に合わせて、複数のメディアにまたがった大掛かりなプロモーションを手掛けることもできます。

また、一つのメディアや手法にとらわれず、そのクライアントの業種や商品・サービスに対してどのようなプロモーションが有効かなど、広告戦略のノウハウを活かしてアドバイスをすることもあります。

専門広告代理店

広告代理店の仕事

専門広告代理店は、総合広告代理店があらゆる広告媒体を取り扱うのとは違い、ある特定の媒体に特化した広告代理店のことをいいます。

ビルボード(屋外広告)の広告枠を扱う専門広告代理店、ネット広告を扱う専門広告代理店など、それぞれの媒体に専門知識をもち、その分野での広告を最適化するサポートできるのが強みです。

新型コロナウイルスの流行も影響し、日本の広告費用は減少しましたが、インターネット広告市場はどんどん成長しており、今後も成長が期待されており、サイバーエージェントやGMOなど大手広告代理店は有名です。

もし広告を出したいメディアがはっきりしているクライアントであれば、より深い理解と専門的なノウハウがある専門広告代理店を利用することで、費用も抑えることができるのが専門広告代理店が選ばれる理由の一つです。

その代わり、媒体を跨いだ広告キャンペーンや一連の広告プロモーション企画をすることはできません。

ハウスエージェンシー

広告代理店の仕事

ハウスエージェンシーとは、特定の事業会社専属の広告代理店のことです。大企業の広告宣伝部が独立して分社化しているケースが多く、その企業からの案件をメインにおこないます。

特定の企業の案件を受け持つため、ビジョンや商品、サービスについてより深い知識を持ち、都度0から説明を受けたり学んでいくよりもスムーズに進みます。案件を安定して受注できることが多い反面、全く新しいアイデアは生まれにくい可能性もあります。

クリエイティブ・マーケティング職の転職相談はこちら

広告代理店で働く人の職種

広告代理店に勤務するには、どんな職種があるでしょうか? ここでは主に3つに分けて説明します。

営業

広告​​営業の仕事は、クライアントから案件を受注してくることです。

クライアントの広告・宣伝、広報などと密にコミュニケーションをとり、直接案件を受注したり、またクライアント企業が複数の代理店にプレゼンテーションをさせる「コンペ案件」では、企業側のオリエンテーションなどで情報を収集します。そしてクリエイティブやマーケティング部門の社員へ内容を共有し、企画をまとめる役割を担います。

受注後は、制作会社への依頼や、制作に関する各種調整〜進捗管理をおこないます。スケジュールや予算をマネジメントするのも営業職の役割です。

細かく分けると、クライアント企業の窓口となりクライアントの情報やスケジュール、予算を管理するアカウントプランナー、メディア戦略を提案するメディアプランナーがあります。

クリエイティブ

広告代理店の仕事

クリエイティブ部門は、広告の企画や制作を行う部門です。

‌クリエイティブ領域は幅広い職種がありますが、‌具体的には、広告コピーを考えるコピーライター、CMプランナー、広告のデザイン・ビジュアルの責任者であるアートディレクター、そしてプランニング〜プロモーションまでの総合的な責任者であるクリエイティブディレクターなどがあります。

特に広告業界で活躍するクリエイティブディレクターは、企画段階から広告制作、プロモーションまで全体的に携わることができることに魅力に感じる方が多いようです。また自分の携わった広告をインターネットやSNS、街中で見れたり、多くの人たちに見てもらえる、話題にしてもらえるとやりがいに感じられるでしょう。

最近では動画広告やSNSに強みを持ったクリエイティブ人材のニーズが高まっています。

マーケティング

広告代理店の仕事

広告代理店のマーケティングは、市場分析や調査をおこないます。案件受注前のコンペの際には、自社が採用されるための、より説得力のある企画書を作るために定量的なデータを用意します。

‌広告案件の獲得後も、どのような広告だと成果を出せるのか戦略を立案し、分析します。

広告代理店で働くのに必須の資格はありませんが、Webの知識は業務上必須になります。特にマーケティング周りのスキル、広告やSEO、ホームページ制作などの経験や実績が重視されますが、Webのスキルや分析力をアピールできる資格も「Google Analytics Individual Qualification」など多数あります。

クリエイティブ・マーケティング職の転職相談はこちら

やりがい・魅力

特に大手企業がクライアントの場合、総合広告代理店で働くことでWeb・紙媒体・テレビ・新聞・ビルボードなど、複数のメディアを組み合わせたクロスメディアプロモーションに携わることができる機会もあります。

多くの人の目に触れ、人々の会話やSNSで議論を起こすような、スケールの大きいプロジェクトに携われる環境での働き方を魅力に感じる方も多いでしょう。行政や国際的なスポーツイベントなどの案件もあったりと、世の中への影響力を感じることができます。

​​広告業界で働くには、クライアント企業とメディア運営会社、また制作会社とも連携しながら幅広い業務をこなさなければならず、多くの関係者がいるため、ハードワークできつい、忙しいといったイメージを持つ方も多いようです。

確かに広告代理店で働くには、クライアントだけでなくメディアとのリレーションも重要になってきます。様々な部署やクライアント企業、そして制作会社と協力しながら仕事をしたり、時には全く新しいアイデアを生み出す必要があるため、人のために行動したい・行動できる人、そしてトレンドへの興味が強い人が向いています。

クリエイティブであることはもちろん大事ですが、新しいアイデアやクリエイティブを通じて「社会やお客様の課題解決をする」という目的を持って挑むことが大切になる仕事です。

広告代理店への転職に興味を持ったり、広告代理店でキャリアアップ したいとお考えのクリエイター 、ディレクター、マーケターの皆さん。広告業界での転職市場・キャリアをよく知るエイクエントのエージェントに、ぜひ一度ご相談ください。

クリエイティブ・マーケティング職種の転職相談はこちら

他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼