転職活動を行う上で、避けては通れないのが「逆質問」です。事前にその存在が分かっていながらも、何を聞いたらいいかわからない、頭が真っ白になって何も聞けなかった、という方が多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、逆質問を行う際の注意点と、実際に効果的な質問の例やNGな具体例をご紹介します。

クリエイティブ・マーケティング分野の転職相談はこちら

逆質問とは

逆質問をする際の注意点
調べてわかることは聞かない
面接中に説明したことは聞かない
必ず1つは質問をする
質問は簡潔にまとめる

効果的な逆質問の例
仕事をする上で最も達成感が感じられる瞬間はいつですか?
採用に至った場合はいつ頃から現場のチームに合流できますか?
中途採用者に期待する点などがあれば教えてください
私と同年代で御社に入社し役職についている人はいますか?
前職で〇〇というスキルを培ったのですが△△の業務で活かせますか?

NGな逆質問の例
御社の強みを教えてください
残業時間はどれくらいですか
御社の今後の戦略をお聞かせください

まとめ

逆質問とは

逆質問とは、選考活動の流れにおける面接の際に面接官の人から「最後に何か聞きたいことはないですか?」と問われた際に、応募者側から尋ねる質問のことを指します。企業側にとっても、応募者と自社の相性を図る上で欠かすことのできない存在といえるでしょう。

また、応募者の志望度の高さを測りたいという理由もあります。ほぼ全ての企業の面接の際に聞かれるといっても過言ではないため、面接官も逆質問を重視することが多く、質問をする側としては何を聞けばいいか迷ってしまうものです。

逆質問の内容や聞き方次第では、それまでの面接の結果が逆転する可能性もあるため、転職活動をする上で絶対に攻略する必要があります。

逆質問をする際の注意点

逆質問で何を聞くべきかを検討する前に、最低限押さえておくべき注意点が4つあります。質問の内容を考える際には、必ずこれらのポイントを満たしているかを確認しましょう。

調べてわかることは聞かない

企業のホームページに書かれている基本的な会社概要や社風、企業理念などのように、少し調べたら事前に分かるものは聞いてはいけません。面接官からすると「それぐらいも事前に調べてこなかったのか」と思われてしまい、志望度の低さや理解の足りなさ、意識の低さが露呈してしまいます。

調べてもわからない部分や、面接の中で生まれた疑問を尋ねるようにしましょう。

面接中に説明したことは聞かない

面接の中で、面接官の人が一度説明したことを忘れたかのようにもう一度聞くことも避けましょう。しっかりと面接の内容を聞いていなかったと判断されてしまいます。

面接の場はどうしても緊張してしまいますが、最後に逆質問があるという前提で面接に臨むことで避けることができます。

必ず1つは質問をする

どうしても質問が浮かばない場合に、「特にありません」と答える人がいますがこれもNGです。企業側からすると、自社にそこまで興味がないのだと判断され、志望動機がいかに優れていたとしても、最後に印象が逆転してしまいます。

緊張しても何かしら質問ができるよう、事前に最低でも3つは質問を用意するようにしましょう。

質問は簡潔にまとめる

質問をする際に、丁寧に質問をしなくてはいけないという心理が必要以上に働き、前置きが長くなってしまい、面接官が結局何を聞きたかったのか分からなかった、という事態は避けたいものです。

前置きはほどほどにして、聞きたい内容を簡潔にまとめた上で質問をしましょう。

効果的な逆質問の例

実際に面接の場で好印象を持たれやすい、効果的な逆質問の例を5つご紹介します。

仕事をする上で最も達成感が感じられる瞬間はいつですか?

面接官の人にこういった質問を行うことで、入社後の仕事のイメージを具体的に想像しようとしているのだという印象を持ってもらいやすく、意欲の高さが評価されやすいです。

また、面接官によって回答が異なる質問でもあるため、選考が進み複数回面接があったとしても、同じ質問をすることもできます。

採用に至った場合はいつ頃から現場のチームに合流できますか?

勢いよくこの質問をすることで、チャンスがあればすぐにでも働きたいという前向きな姿勢を間接的に伝えることができます。また、実際に採用され働くことになった際も、事前に聞いておけばイメージが湧きやすくなるでしょう。

中途採用者に期待する点などがあれば教えてください

企業側に対してどういった点を期待するかを尋ねることで、その返答の中で「期待に応えられるよう頑張りたいです!」と熱意を持ってアピールできれば、好印象につながるでしょう。

私と同年代で御社に入社し役職についている人はいますか?

なるべく早く入社後に活躍し、いち早く出世したいという熱意を伝えることができ、好印象につながります。また、人によって異なるという結果が返ってくることもありますが、実際の年数などが聞ければ自分が入社した際のキャリアパスの参考にもなります。

前職で〇〇というスキルを培ったのですが△△の業務で活かせますか?

自分にはこういった経験やスキルがあるというアピールにもなるのと同時に、入社後のイメージを具体的に抱いていることを伝えられるため、志望度の高さや熱意をアピールできます。

自分の領域での経験や自己分析に基づいた強みなどをうまくアピールしましょう。

NGな逆質問の例

以下で紹介する逆質問の例はNGに該当することが多いため、避けた方が安全です。

御社の強みを教えてください

こういった質問は、面接に臨む前の段階で業界研究をすることである程度知ることができます。

聞くのであれば、「業界研究を行ったところ御社の強みは〇〇事業の□□という点にあると思うのですが、あっていますでしょうか?」などのように、事前に調査したことを伝えられるような聞き方がおすすめです。

残業時間はどれくらいですか

聞きたくなる心理はわかりますが、残業したくないという気持ちが透けてしまうため良い印象は持たれないでしょう。残業できないなど希望がある場合、事前に転職エージェントに説明して採用企業に確認してもらうようにしましょう。

御社の今後の戦略をお聞かせください

面接官の役職によってはそこまで具体的に把握していないこともあるのと同時に、それを聞いたところであまり身にならず、「なぜこんな質問をしてきたのだろうか」と疑問に思われてしまいます。

また、会社概要の代表メッセージなどに記載されているケースもあるため、気になる場合は事前に調べるようにしましょう。

まとめ

逆質問は転職活動を成功させる上では、切っては切れない大切な存在です。

質問の内容によって、面接官に持たれる印象も変わってくるため、今回ご紹介した具体例を参考にし、事前に面接対策をしっかりとしましょう。

クリエイティブ・マーケティング職種の転職相談はこちら

他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼