グローバルなソーシャルディスタンスのルールに準拠して、多くの企業がリモートワークを採用しはじめました。同僚や上司と離れた位置で働く上で、これまで以上にメンタルヘルスを意識する必要性が出てきています。

メンタルヘルスには、心理的、生理的、社会的健康が含まれます。私たちがどのように感じ、考え、行動
するか、またどのようにストレスを対処し、人間関係や日常生活を選択をするかが大きく影響します。

新型コロナウイルスの世界的流行は私たちのメンタルヘルスに大きく影響を及ぼし、またより心の健康が注目されるようになりました。

以下にご紹介する、心と身体のバランスを整え、仕事の生産性を維持するための秘訣5つが、あなたのお役に立てば幸いです。

定期的なスケジュールやルーチンを守ろう

定期的なルーチンまたはスケジュールを作成してそれを継続するようにしましょう。あなたに合った時間割を作成することは、健康的に仕事を続ける上でとても重要です。息抜きのための休憩時間を組み込むことを忘れないでください。

メディア消費を制限しながら、正確な情報を得よう

ニュース、メディア、ソーシャルメディアを見続けることは避けてください。不安やストレス、パニックを引き起こしたり、高めたりする可能性があります。常に情報を得る必要があると感じた場合は、次のような信頼できるリソースに従ってください。疾病管理センター(CDC)、世界保健機関(WHO)、および厚生労働省(厚生労働省)。

家族や友人、同僚とおしゃべりしよう

FaceTime、Skype、Googleハングアウト、その他のビデオベースのテクノロジーを利用して、家族、友人、同僚とのつながりを保ちましょう。信頼できる人と仕事に関係のないプライベートなトピックを話すことで、緊張から心が解放されるでしょう。

アクティブな状態を保ち、免疫システムを保とう

運動は身体の健康だけでなく、精神の健康にとっても重要です。状況が許せば、人ごみを避けながら外に出て新鮮な空気を吸い込んでください。日光を浴びるとビタミンDが生成され、免疫力が高まることが示されています。また毎日バランスの取れた食事をとりポジティブな心の状態を高めましょう。

勤務スケジュールに業務終了時間を設定しよう

家から働くことになると、意図せず不当な時間に、あるいはあなたが必要とするよりも長く働いてしまうことがあります。無意識的な長時間労働を避けるためにも毎日のスケジュールに健康的なエンドタイム(終わりの時間)を設け、それを過ぎたら一切の機器の電源をきり仕事から完全に離れましょう。

この前例のない時期に、心と体の両方の健康があなたにとって優先事項であるべきであることをお伝えできたかと思います。採用プロセス全体を通して働き方に関する明確で透明なコミュニケーションは、お客様にとっての安全感・安心感を提供できると信じています。注意することは、あなたの心と体を休ませ、あなたの毎日のパフォーマンスを効率的に生産性をあげましょう。