2020年からの新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワーク(テレワーク)を採用する企業が増加しました。同僚や上司と離れた場所で働く上で、今後はこれまで以上にメンタルヘルスを意識する必要性が出てきています。

メンタルヘルスには、心理的、生理的、社会的健康が含まれます。
上司によるマネジメント、部下に対するマネジメント、個人によるセルフマネジメントや生活習慣などに対して、私たちがどのように感じ、考え、行動するか、またどのようにストレスを対処し、人間関係や日常生活を選択をするかが大きく影響します。

世界規模でのソーシャルディスタンスのルールに準拠して、仕事・私生活の両方にとても大きな変化が一気に起こりました。私たちのメンタルヘルスに大きく影響を及ぼし、また企業にとっても社員の心の健康をより注意する必要が出てきました。特に、在宅勤務者が増えた企業では、従業員への定期的なストレスチェックで調査し、データを活用したメンタルヘルスの不調予防に取り組む企業もあります。

皆さんは、会社や個人でどんなメンタルケアをしていますか?

今回は、心と身体のバランスを整え、仕事の生産性を改善するためのメンタルヘルス対策を5つご紹介します!

クリエイティブ・マーケティング分野の転職相談はこちら

定期的なスケジュールやルーチンを守ろう

定期的なルーチンまたはスケジュールを作成してそれを継続するようにしましょう。自分に合った時間割を作成することは、健康的に仕事を続ける上でとても重要ですし、生活リズムの乱れはメンタル不調を引き起こす原因になります。また、息抜きのための休憩時間を組み込むことを忘れないでください。

メディア消費は制限し、正確な情報を選ぼう

ニュース、メディア、ソーシャルメディアを見続けることは避けてください。情報過多による不安やストレス、パニックといったメンタル不調を引き起こしたり、高めたりする可能性があります。感染症に対する不安があり、正確な情報を知りたい場合は、次のような信頼できるリソースから情報収集しましょう;疾病管理センター(CDC)、世界保健機関(WHO)、および厚生労働省(厚生労働省)

家族や友人、同僚とおしゃべりしよう

FaceTime、Skype、Googleハングアウト、その他のビデオベースのITテクノロジーを積極的に活用して、家族、友人、同僚とのつながりを保ちましょう。

リモートワーク が長期化し、時間の有効活用や人と会わなくて良いことによるストレス軽減がある一方、コミュニケーション不足や孤独といった悩みを抱えている人が増えています。仕事の時だけでなく、信頼できる人と仕事に関係のないプライベートなトピックを話すことで、緊張から心が解放されるでしょう。

もしあなたがマネジメント職であれば、この問題をどうやって解決するかがあなたの大切な仕事になります。対応方法としては、話しやすい環境を作るために仕事以外の話で楽しめるチームランチを設定してみる、従業員を対象としたストレス解消方法についての情報交換や研修、ワークショップの実施を検討するのも良い方法かもしれません。

身体と心の健康はつながっている

運動は身体の健康だけでなく、精神の健康にとっても重要です。出社する必要がなくなると、時間を有意義に使えるメリットがありますが、運動不足で体力が低下したり、一日中家にこもっていて外出する機会が減ってしまいます。

できるだけ外に出て日の光を浴びて、新鮮な空気を吸いましょう。日光を浴びるとビタミンDが生成され、免疫力が高まることが示されています。

また毎日のバランスの取れた食事と睡眠時間の確保といった適切な生活習慣が、結果としてポジティブな心身の状態を高めまることができます。セルフケアの時間を大切にしましょう!

業務終了時間を設定して、OFFの時間を作ろう

在宅勤務が増えた2020年、働き方の変化としてコロナ禍以前より仕事時間が増えている方が多いという特徴があります。

職場=自宅になると、知らず知らずの間に長時間働いてしまっていたり、あるいはだらだらとPCに向かって仕事をしてしまう傾向があるようです。

無意識的な長時間労働を避けるための対策として、毎日のスケジュールに健康的なエンドタイム(終業時間)を設け、それを過ぎたら一切の機器の電源をきり、仕事から完全に離れましょう。

この前例のない変化の時期に、心と体の両方の健康管理はあなたにとって優先事項であるべきです!

私たちが転職をサポートする際は、採用プロセス全体を通して、皆さまにとって安心できる職場であることの

採用企業にとっても、働き方に関する明確で透明なコミュニケーションは、将来の従業員やお客様にとって安全感・安心感を提供できると信じています。

自分の心と体を休ませ、あなたの毎日のパフォーマンスを効率的に生産性をあげましょう。

働き方を変えたい、相談したいクリエイター 、デザイナー、マーケターの皆さん。エイクエントのエージェントに、ぜひ一度ご相談ください。

クリエイティブ・マーケティング職種の転職相談はこちら

他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼