Skip navigation

Webマーケターの「ハイクラス人材」になるには?必須スキルや面接対策を紹介

By: Aquent

LAST UPDATED: 2024/05/07

デジタル化が進展する中で、Webマーケティングの重要性はますます高まっています。その中心となるのが、「ハイクラス」なマーケターの存在。市場の最先端で競合他社との差別化を図り、成果を最大化させるには、卓越したスキルと深い洞察力を持った人材が不可欠なのです。

今回は、Webマーケティング業界における「ハイクラス人材」について、必要とされる知識や、より高いキャリアレベルを築くためのスキルセットについて解説していきます。

<目次>

Webマーケティングとは

→Webマーケ―ターの主な業務

→Webマーケティングのハイクラス人材が担う業務

ハイクラス人材に求められるスキル

→マネジメントスキルとリーダーシップ

→コミュニケーションスキル

→実務経験

→継続的な情報収集

Webマーケターがハイクラス人材になる方法

→新たな業務への取り組み

→転職してスキルアップ

→独立・起業する

Webマーケティングにおけるハイクラス求人の面接での質問内容

まとめ

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、インターネットや電子媒体を活用して、商品やサービス、ブランドなどを広告する手法のこと。消費者とのコミュニケーションを軸に、製品やサービスを適切に訴求するプロセスです。

Webマーケティングで大切なのは、集客、つまりWebサイトを訪れるユーザーを増やすこと。その役割を担っているのがWebマーケターなのです。

Webマーケ―ターの主な業務

 業務 内容
集客施策SEO
リスティング広告やディスプレイ広告、記事広告で広告宣伝
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
E-mailマーケティング
アクセス解析現在のWebサイトのアクセス状況を確認
Googleアナリティクスやヒートマップなどで解析する
KGIやKPIを設定
リピーター獲得施策ブランディング
Webサイトの使いやすさ向上
顧客との接触回数を増やす

Webマーケティングと混同されやすい仕事に、「デジタルマーケティング」と「事業企画」があります。

デジタルマーケティングは、デジタル技術で得られるデータを活用したマーケティングで、Web上だけに限定されません。また、事業企画とは、事業の課題を発見し解決する仕事です。一方、Webマーケティングは事業推進を担います。

Webマーケティングのハイクラス人材が担う業務

ハイクラス人材と定義されるWebマーケターには、「深い洞察力」と「卓越したスキル」が求められます。特に戦略立案やデータ分析、最新のテクノロジーへの対応能力を持つ専門人材など、多岐にわたる知識や経験が必要となるのです。

Webマーケティングのなかで、ハイクラス人材が担う業務と役割の一例を紹介します。

・事業部長
・事業責任者
・新規事業立ち上げ
・企画立案・実行・運営
・プロモーション戦略立案
・Web広告運用と効果測定、改善

ハイクラス人材向けの求人は年収600万円以上が多く、年収800万円~1000万円などの高年収もめずらしくありません。

ハイクラス人材に求められるスキル

Webマーケティングのハイクラス人材はさまざまな能力が求められます。ここでは、一般的に必要とされるスキルの例を紹介します。

マネジメントスキルとリーダーシップ

Webマーケティングのハイクラス人材は、ディレクターやマネジャーなどの役割を担い、マネジメントを行うことが多いです。そのため、チームメンバーの育成やディレクションを行う管理職のスキルとリーダーシップが求められます。

ハイクラス求人のなかには「5名以上のチームのマネジメント経験が2年以上」といった採用条件を設定しているものもあります。

コミュニケーションスキル

Webマーケティングのハイクラス人材は、クライアントや営業、クリエイティブチーム(制作チーム)などの担当者と連携して業務を進めるので、コミュニケーションスキルが必須です。

また、クライアントのニーズをくみ取って実現させるために、課題を洗い出して要件に落とし込むことが求められます。コミュニケーションスキルのなかでも「ヒアリング力」「プレゼンテーション力」が重要となるでしょう。

実務経験

Webマーケティングのハイクラス人材は即戦力が求められるため、実務経験が必須です。ハイクラス求人のなかには、5年以上のWebマーケティングの実務経験を必要としている企業も少なくありません。

なかには、「業界未経験でも、7年以上のWebマーケティングの実務経験があればOK」といった企業も。マーケティング業務は、企業の業績に直結する重要な仕事なので、経験や実績が求められるのです。

継続的な情報収集

継続的な学習は、キャリアアップを果たすためには欠かせない要素です。技術の進歩と市場の変動は常に起こるため、最新のトレンドを追い続けることが必要になります。オンラインコース、セミナー、ワークショップ、業界のイベントなどは、知識や技能をアップデートするのに役立つリソースです。さらに、書籍やオンライン記事、ポッドキャストなど幅広いメディアから学ぶことも大切です。こうした機会を活用することで、常に最前線のマーケティングスキルを身につけ、競争優位性を高めることができるでしょう。継続的な教育は、長期的においてもやりがいのあるキャリアを築くための基盤なのです。

Webマーケターがハイクラス人材になる方法

Webマーケターがハイクラス人材として活躍する方法を紹介します。

新たな業務への取り組み

Webマーケターがハイクラス人材としてキャリアアップする方法の1つめは、業務範囲を広げること。現在勤めている企業で新たなプロジェクトに参加する、違う案件を担当してみるなど、より幅広い責任範囲を任せてもらえるようプロアクティブに取り組んでみましょう。

転職してスキルアップ

2つ目の方法は、転職してスキルアップすること。職場を変えることで、よりやりがいのある業務を担当できるケースが考えられます。Webマーケティングのハイクラス人材は、以下のようなさまざまな業界で必要とされています。

・EC
・消費財メーカー
・化粧品
・アパレル
・ホテル
・不動産

スキルを高めることで、今まで経験したことのない業界の案件に携われる機会やインハウスマーケターとして活躍できる可能性も少なくありません。

また、転職で給与が上がるケースもあります。近年では、株式公開している大手企業や上場企業だけでなく、ベンチャー企業にも年収の高いところが増えています。

「ハイクラス求人は給与が高いため休日も少ないのでは」と不安になる方もいるようですが、年間休日120日はあり、転勤が必要な勤務地に配属されず、離職率も低いホワイト企業が多く存在します。

独立・起業する

3つ目は、独立・起業する方法です。独立・起業した場合、業務遂行からクライアントワーク、経営まで行えます。幅広い業務が経験できるうえ、経営について学ぶことも可能です。経営者側の視点に立てるため、経営層への提案も行いやすくなります。

複数の企業と契約を結べば安定的に収入が得やすくなります。いきなり独立するのに不安がある方は、副業から始めてみて事業展開の様子を見るのもひとつの方法です。

Webマーケティングにおけるハイクラス求人の面接での質問内容

Webマーケティングのハイクラス求人の面接で質問されやすい内容について紹介します。

質問されやすい項目 返答例
職務経験新規事業立ち上げ経験がある
会員数アップに貢献した
リード管理基盤を構築した
顧客ロイヤリティを高めた
得意分野新規顧客の獲得か既存顧客の深耕か
有形商材か無形商材か
潜在ニーズか顕在ニーズか
運用型広告か純広告か
自社との相性・B to BかB to Cか
顧客対象の年齢
経験のある業種

Webマーケティングの領域は、進化のスピードが速く複雑な分野です。次々と新しいツールや施策がうまれているため、SaaSなど専門と違う分野について質問された場合、答えられないケースも考えられます。

事前に応募企業について企業研究を行い、詳細な事業内容や想定される質問に対する返答を準備しておきましょう。また、転職活動にエージェントを活用するのも一つの方法です。企業とリレーションがあるエージェントに相談することで、採用面談対策をレベルアップすることができるでしょう。

▼ハイクラスの転職相談はこちらから!お気軽にご相談ください。

まとめ

Webマーケティングのハイクラス人材はマネジメントを行うことが多いため、コミュニケーションスキルや実務経験、挑戦する姿勢が求められます。

「やりがいのあるポジションにつきたい」「なりたい自分になれる企業を見つけたい」など更なる一歩を踏み出したい方は、マーケティング業界に特化した当社へお気軽にご相談ください。

▼ハイクラス・求人検索はこちらから

▼こちらの記事もおすすめ
これからのキャリアをどう描く?~今、シニアデザイナーに求められる役割やスキルとは

Related.